女子大生と教授(と僕)のありがちな【4話のネタバレ】

女子大生と教授(と僕)のありがちな

▼無料立ち読みはこちらをタップ▼

Handyコミック【女子大生と教授(と僕)のありがちな】


無料立ち読み分の続きを読むにはHandyコミックに会員登録する必要があります。Handyコミックは月額324〜円で会員になれます。

女子大生と教授(と僕)のありがちな【4話のネタバレ】

第4話:変わっていく彼女、取り残される僕

 

沙依と会う時間が徐々に減り「僕たちは本当に付き合っていると言えるのか?」と不安になる僕(仮称・B)。

 

沙依はというと、内心「B君との付き合いに面倒臭さを感じる」とまで思うようになってしまっていた。

 

しかし、ここのところ教授から呼び出しがない。私に飽きちゃったのかな?だけど今更、私はもう・・・

 

 

それから一週間後、教授は沙依の部屋に押し入ってきた。

 

教授にいつもの余裕はなく、酒にも酔っているようだった。

 

「先生?いったいーーーっ」

 

教授は有無を言わせず、沙依の胸にしゃぶりつく。

 

チュル、チュパ、チュパ、

 

その姿は何かに怯えているようにも見えた。

 

「(なんかかわいそうな先生・・・)」

 

沙依はその様子にいたたまれなくなり、自ら教授のファスナーを開けて、しごいてあげた。

 

コスコス

 

さんざん教え込まれたため、教授の弱いところは熟知していた。

 

「あ、あんなに嫌だったのに、今は私、先生のこと・・・」

 

主導権を奪われると感じた教授は、負けじと沙依のアソコに指を入れてかき混ぜる。

 

クチュ、クチュ、クチュ、

 

二人は徐々に高みに上り、そして同時に達した。

 

ドピュッ

 

ビクッ

 

「すまない・・・沙依君・・・私は・・・」

 

「先生、泊まっていってください・・・」

 

その日、教授と沙依は朝までずっと繋がり続けた。

 

沙依の身体は久々のセックスに喜びを感じていた。

 

 

・・・数ヶ月後、僕(仮称・B)と沙依の薄い関係は続いていた。

 

たまにデートはするものの、なにかそれは空虚なものだった。

 

僕は意を決して沙依を呼び出した。

 

「教授がまた生徒に手を出している」という噂を聞き「それは沙依の事では・・・」と思ったため、ハッキリとさせたかったからだ。

 

沙依は教授と一緒に来た。

 

「B君、話って・・・なに?」

 

「ちょっと・・・えっと。」

 

僕は上手く本題を切り出せず、教授の横槍もあり、他愛も無い話に逸れてしまう。

 

沙依は教授の横で昔のようにはしゃぎ嬉しそうにしている。

 

・・・結局、僕はそんな沙依を見ているだけで幸せだと感じてしまい、肝心なことを聞けなかった。

 

これが最後のチャンスだったのに。

 

 

沙依と教授の関係は、沙依の部屋で繋がった日から急速に深まり、沙依は進んで教授に抱かれるようになった。

 

もはや沙依にとって僕は、スリルをかきたたせる存在でしかない。

 

何回も僕の近くで、教授との行為に及んだ。

 

しかし、一向に気づく様子のない僕の純朴さに、呆れに似た感情を抱くようになっていた。

 

・・・B君ごめんね。

「女子大生と教授(と僕)のありがちな」を無料立ち読みするには、下記バナーをタップして下さい。

↓ ↓ ↓

Handyコミック【女子大生と教授(と僕)のありがちな】